うつ病の早期診断

「患者の気持ちを”受け止める”」をモットーにしています

うつ病が世間にもポピュラーになってきた昨今では、その病状によって 多くのバリエーションが出現しました。 もともと典型的だったとされるうつ病(従来型)とは対象となる新型(非定型)うつ病が登場し、 各メディアでは各社会活動におけるこの病気の問題点などが挙げられています。 しかし、どのタイプのうつ病においても根本にある心理は同じところにあるとされています。 それは「自己否定感」や「孤独感」といったものです。 うつ病の治療法に現在さまざまなものがありますが、一番有力だとされているものは 患者のこうしたマイナスの気持ちをしっかりと受け取る地道でハードな作業だといわれています。 こうした役を引き受ける立場として「カウンセリングナース」とよばれるスタッフによる 取り組みがなされています。

カウンセリングナースを採用している病院に問い合わせてみましょう

カウンセリングナースによる治療法は先述の通りです。 しかし、カウンセリングナースを採用している病院は限られており、 こうした治療を受けるにあたってはまずは病院に問い合わせてみることが大切です。 利用するにあたって適切な患者というのは特に 「自分の気持ちをわかってほしい」という念の強いタイプの患者です。 つまり、従来のような効果の強い薬に頼るわけでもなく、 症状の推移を事務的に質疑するようなものでもありません。 カウンセリングナースによる治療の根本は 「患者の気持ちを一方的に聞き入れる」ことにあるのです。 これは、患者によらず、無条件的なものなのです。 この手のサービスを受けるにあたっては、 こうした孤独感がどれほど強いのかを判断基準とするとよいでしょう。

うつ病の症状になると無気力になります

 現代人にとって、うつ病とは身近な病気で、日本にはうつ病患者が沢山います。うつ病は、心の病気とされていますが、脳のセロトニンやノルアドレナリンが低下することによって、起こる脳の障害とされています。 具体的な症状としては、日々の生活が億劫になり、着替えることや、外に出かけることも憂鬱になります。また人と会うことを嫌に思ったり、社会活動の全てが億劫になる状態です。更に症状が重い場合は、死にたいと考えたりすることもあります。このような場合はすぐに病院に行き、治療を受けることをお勧めします。 本人が自覚している場合も多いですが、このような症状になってしまった場合には、家族や周りの方のサポートも必要になります。 うつ病の症状がある方にとって、頑張って、という言葉は禁句ですので言わないでくださいね。

症状が治らない場合は治療に専念しましょう

 うつ病の症状があれば、無理はせずマイペースに治療に専念した方が良いですね。 栄養バランスの良い食事を心がけ、適度に運動をしたり、早寝早起きをしたりしましょう。太陽の光を浴びると、人は元気をもらうことができますので、早朝に軽く近所でウォーキングをしたりすることも、とても良いと思います。 また、家族や気の合う人に話を聞いてもらうだけでも、うつ病の症状を和らげる治療効果になります。 笑うことは、実はとても脳に良い刺激を与えるので、家族や友人と楽しい話をすることも大切です。 もし、それでもうつ病が治らないようであれば、心療内科など専門の病院へ行った方が良いと思います。医師に話を聞いてもらい、治療の為にどうしたら良いのか相談しましょう。