うつ病の改善には、何より正しく理解する事が大切です。

うつ病と可能性

うつ病になる可能性は誰にでもあるといっていいでしょう。それぐらいうつ病とは身近な存在であり、少しでも心の変化や弱っているときがあればうつ病になってしまうと言えます。

詳細はこちら

CONTENTS

うつ病の早期診断

うつ病の診断は早期が基本です。その理由として重度になると診断すら出来なくなる可能性があるからです。自己判断自体が出来なくなるため医療機関にいくことすら難しくなってしまいます。

詳細はこちら

うつ病と仕事

うつ病は現代病ともいえます。ストレスを溜めない働き方をしていくというのも非常に大事です。中でも近年注目されている自由な働き方次第ではストレスから開放され、充実した生活をおくることも可能です。

詳細はこちら

うつ病の治療方法を知る

うつ病の治療方法は心療内科などで受診することで自ずと分かってきます。そもそもうつ病を発症しているときは必ずしも自己判断が正しいとは限りません。そのため専門家による判断が好まれます。

詳細はこちら

うつ病の治療費用

うつ病の治療費用はその人その人で異なります。その理由に治療のアプローチが異なるという特徴があるからです。そのため費用の相場は公になりにくく、診察代を元に考えていきます。

詳細はこちら

抗うつ薬とは

うつ病で処方される主な薬

うつ病で通院をしている時、投薬治療が行われることは良く知られています。 うつ病で処方される薬は何種類かありますが、たいてい主に3種類があげられます。 「抗うつ薬」はその名の通りうつ状態を改善する効果があります。薬物療法の中心と考えても良いでしょう。 うつ状態の患者さんに不足してしまうセロトニンやノルアドレナリンの働きを助け、それらの効果を阻害する物質を抑える事ができます。 「抗不安薬」は心の焦燥感や不安感を抑えてくれます。患者さんの不安が強い時に抗うつ剤と併用されることが多い薬です。 最後の「睡眠薬」はうつ病の患者さんをよく悩ませている不眠の症状を軽減させる役割があります。 これら3種類のほかに「向精神薬」と「気分安定薬」が追加されることがあります。

薬物治療で一番大切な事

どんな薬にも言える事ですが、薬には副作用があります。 うつ病の治療に処方される薬はどれも気分を安定させたり、休息をうながしたりする効果があります。この効果は逆転させると、ぼんやりする、強い眠気を覚える、体がふらつくなどの副作用がおこります。 このような状態を出来るだけ避けるためには、治療するにあたって受診している医師の説明をしっかり理解する事と出された指示に従う事が重要です。 また自己判断で治療を途中で中止しないでください。通院を続け、処方された薬をきちんと服用しましょう。 自分では気分が良いと感じても、まだ治療中だと言う事を忘れてはいけません。 うつ病は外見からは症状が分かりづらい疾患ですから、根気よく治療を継続するのは非常に大切なことです。

うつ病の診察、治療は、従来の精神科による診療から心療内科による診療へと移行してきています。

 これまでうつ病は精神性障害として総合病院のような大規模医療施設にある精神科に通院して治療をおこなってきました。  うつ病は主に、抑うつ状態、やる気が出ない、消極的な行動や判断になってしまう、特に大きな理由もないのに不安感に襲われたり、焦燥感が付きまとってしまったりといった症状が特長的でした。  そのため精神科が精神の病気として治療を行なってきました。  ところが、精神性疾患の発症とあわせて、不眠になったり頭痛が続く、あるいは食欲不振になったり、疲労感や倦怠感が抜けないなどといった、身体の不調を訴える患者が多く精神科だけでの対応ができないため、内科への受診も行なうようになってきました。  精神性の不調も身体性の不調も複雑に絡み合って併発する病気のため、精神科、あるいは内科のみでの対応は難しかったからです。  そこで、うつ病をはじめとする精神疾患を、精神面と身体面の両面から診察、治療することを目的として心療内科が創設されました。  心療内科では、精神的な診察、治療はもちろんですが、身体的な不調の診察なども行なっています。  このような背景のもと、現在では精神疾患は心療内科の治療が主流となってきました。

現在の過重労働や精神性ストレス等の負荷の増大は、心療内科の需要がますます増えると予測されます。

 現在の社会情勢は、老若男女を問わず、非常にストレスのかかる社会になってきています。  特に、人間関係における良好な付き合い方を維持するには、昔とは比較にならないほど相手への留意を重視しなければなりません。  また、労働環境も徐々に苛酷化してきており、情報伝達速度の高速化、情報拡散、といった知的情報への対応が上手にできないと業務従事から排除されてしまうことがあります。  このように労働条件や環境に依存して、労働者の精神と身体への負担、ストレスは大きくなり、過重労働による身体疲労や精神性ストレスの慢性化によってうつ病を発症する例が後を絶ちません。  近年では、うつ病の発症率も高くなってきています。  これに伴い、従来は比較的特殊な科目として扱われてきた心療内科ですが、昨今のうつ病の増加、その診察、治療への対処等の必要性を考えると、これからの時代には心療内科の増設等が求められると予測されます。